コラム

W不倫のリスクや解決方法について

ダブル不倫(W不倫)のリスクや解決方法について   ダブル不倫(W不倫)をすると、一般の不倫よりも高いリスクが発生する可能性があり、要注意です。   ダブル不倫(W不倫)とは、不倫している当事者双方が既婚者の場合の不倫です。当事者双方に配偶者があるので、不倫が発覚すると夫婦間でお互いに慰謝料を請求し合う状態になってしまったり、2組の夫婦で離婚問題が発生したりして混乱が深まってしまう傾向があります。   今回はダブル不倫のリスクや解決方法について弁護士が解説します。不倫トラブルでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。   1.ダブル不倫(W不倫)とは ダブル(W不倫)とは、不倫している当事者双方に配偶者がいる場合の不倫をいいます。 一般的…

不倫の離婚で後悔する人の特徴とは?離婚する前に考えておくべきこと

不倫の離婚で後悔する人の特徴とは?離婚する前に考えておくべきこと   配偶者に不倫されると、離婚を真剣に考える方が多数います。 信じていたパートナーに裏切られてつらい思いをすれば、離婚を考えてもやむを得ないでしょう。 しかし不倫された方が必ず相手と離婚するとは限りません。夫婦関係を修復できる事例も多々あります。勢いで離婚してしまうと後悔する可能性もあるので、離婚は慎重に検討するようおすすめします。   この記事では不倫が原因の離婚で後悔するパターンや離婚しない方が良いケース、反対に離婚した方が良いケースについて弁護士が解説します。   夫や妻に不倫・浮気をされて離婚を考えている方は是非参考にしてみてください。   1.不倫されても離婚しな…

不倫慰謝料の示談書に盛り込むべき内容や注意点を弁護士が解説

不倫慰謝料の示談書に盛り込むべき内容や注意点を弁護士が解説   不倫慰謝料の示談書を作成するときには、いくつか盛り込むべき内容があります。 後のトラブルを防ぐためにも、示談書に必要十分な事項を書き込んでおきましょう。   この記事では不倫慰謝料の示談書に盛り込むべき事項について、解説します。 そのまま使える示談書のテンプレートもご紹介しますので、これから不倫慰謝料の示談書を作成する方はぜひ参考にしてみてください。   1.不倫慰謝料の示談書とは 不倫慰謝料トラブルで示談するときには、必ず示談書を作成すべきです。示談書とは、当事者が話し合って取り決めた示談の内容をまとめた契約書のような書面です。 示談書があると、示談の内容を対外的に後々まで…

不倫慰謝料請求で分割払いの申出をされたときの対処方法

不倫慰謝料請求で分割払いの申出をされたときの対処方法   不倫相手に慰謝料を請求すると、「分割払いさせてほしい」と申し出られるケースが少なくありません。確かに分割払いでも払ってもらえないよりは良いといえます。 もっとも、分割払いにはさまざまなデメリットがあります。 この記事では不倫慰謝料請求で分割払いを認めるリスクや分割払いを申し出られたときの対処方法をお伝えします。   不倫慰謝料請求を行っている方、これから慰謝料請求しようとしている方はぜひ参考にしてみてください。   1.不倫慰謝料の分割払いとは 不倫慰謝料の分割払いとは、不倫慰謝料を一括ではなく何度かに分割して支払うことです。 基本的には慰謝料は一括で支払うのが原則で、訴訟になった…

彼氏や彼女が浮気した場合に慰謝料請求できるのか、弁護士が解説

彼氏や彼女が浮気した場合に慰謝料請求できるのか、弁護士が解説   彼氏や彼女などの恋人が浮気した場合、慰謝料を請求できるのでしょうか?   結論的に恋人が浮気した場合、基本的には慰謝料請求できません。結婚前の浮気については慰謝料請求をすることはできないのです。ただし一定の場合には慰謝料請求できる可能性もあります。   今回は彼氏や彼女に浮気されたときに慰謝料請求できる限られるケースについて弁護士が解説します。恋人に浮気をされて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。   1.彼氏や彼女の浮気では慰謝料請求できないのが原則 彼氏や彼女などの恋人が浮気をしても、基本的には慰謝料請求できません。 浮気した本人だけではなく浮気相手にも慰謝料請求…

不倫慰謝料請求で公正証書化を求められたときの対処方法

不倫慰謝料請求で公正証書化を求められたときの対処方法 「示談書を公正証書にするように求められたのですが、応じないといけないのでしょうか?」 といったご相談を受けるケースがあります。結論的には、一括やそれに近い場合は、応じる必要はありませんが、長期の分割などの場合は示談の条件には十分なり得るところではないか、と思います。 不倫で慰謝料請求されたとき、相手から「示談書の公正証書化」を求められて困惑される方が少なくありません。 示談書を安易に公正証書にすると、後に支払えなくなったときに給料や預金などを差し押さえられるリスクが発生します。 相手の要求に簡単に応じるのは危険といえるでしょう。 この記事では示談書を公正証書にするとどういった効果が発生…

冬期休業期間のご案内

誠に勝手ながら、下記の期間を当事務所の休業期間とさせていただきます。 2022/12/29(木)~2023/1/5(木) 皆様には大変ご迷惑をお掛けすることと存じますが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。 問い合わせにつきましては、休業明けの1月6日(金)より対応させていただきます。

2022/11/14

不貞行為について損害賠償義務が免除されたとして勝訴した事例

弊所の弁護士が,担当した異例で,「被告と夫とのA期間の不貞行為について,本件誓約書により損害賠償義務が免除されたといえるか」という争点で勝訴した事案がありましたので,ご報告いたします。 (Aさんの言い分) Aさんは,Bさんに対して夫と不貞行為をして夫と不貞行為に及んだという言い分です。 Bさんは,A期間についての誓約書を提出した(一種の「合意書」といえる。)。その誓約書の内容で,100万円の慰謝料を支払っていた。 (Bさんの言い分) Aさんと夫は,婚姻関係が破綻していた。 本件誓約書について,A期間までの不貞行為については,被告の損害賠償義務が免除されたものである。   (弁護士のポイント!) 本件は,1回示談のようなことが行わ…

不倫慰謝料を請求されたときに言い値を払ってはいけない7つの理由

不倫慰謝料を請求されたときに言い値を払ってはいけない7つの理由   不倫慰謝料を請求されると、「自分が悪いのだから、言われたとおりに払わないといけない」と考えてしまう方がいます。   しかし現実には,弁護士への依頼を通じて,「相手の言い値を払う必要はない」ケースがほとんどといっても過言ではありません。   今回は不倫慰謝料を請求されたときに、相手の言い値をそのまま払ってはいけない理由をお伝えします。   浮気して慰謝料請求をされお困りの方はぜひ参考にしてみてください。   不倫・浮気慰謝料請求で相手の言い値を払ってはいけない理由 不倫をして相手の配偶者から慰謝料請求されたときには、弁護士代理人を突ける場合は,相手の言い値をそのまま支払うべ…

ダブル不倫がこじれやすい理由と解決方法

ダブル不倫がこじれやすい理由と解決方法   「ダブル不倫(W不倫)」の場合、「一方のみが既婚者の不倫」よりトラブルが拡大しやすい傾向があります。 配偶者の不倫相手も結婚しているのがダブル不倫です。その場合、不倫相手に対する慰謝料請求もより慎重に進めなければなりません。   この記事ではダブル不倫とはどういったケースでどのようにして解決すれば良いのか、弁護士がお伝えします。   夫や妻の不倫相手が結婚していてダブル不倫に巻き込まれた方、自分がダブル不倫してしまっている方はぜひ参考にしてみてください。   1.ダブル不倫とは ダブル不倫とは、不倫の当事者双方が婚姻している状態をいいます。 一般的に「不倫」というと、一方の当事者のみが結婚してい…
ページトップへ