婚約破棄・内縁関係破棄の慰謝料請求をすることはできますか

  • 婚約者が浮気したので白紙になってしまった
  • 何の説明もなく、一方的に婚約を解消された
  • 内縁関係だった夫が不倫して家を出ていってしまった
  • 内縁の夫の浮気相手に慰謝料請求できる?

こんなとき、正当な理由なく婚約を破棄され、また、内縁関係を解消されてしまったときには、慰謝料を請求できる可能性があります。法律婚ではなく、事実婚に関しては得意とする弁護士は少ないといえます。名古屋駅ヒラソル法律事務所の「不倫慰謝料相談」では、事実婚についての慰謝料請求についても案件と研鑽を積んできました。また、是非、請求されて対応するのに、お困りの方もお気軽にお声がけください。

婚約破棄で慰謝料請求できるケースとは

婚約とは、将来結婚する約束です。
口頭でも婚約は成立するので、書面化する必要はありません。ただし現実的に婚約が認められるにはある程度「客観的な事情」や「真摯な状況下」での約束が必要です。たとえば婚約指輪を交換した、結婚式の準備を進めていた、結納式を行った、両親の顔合わせをしていたなどの事情があると、婚約が認められやすいでしょう。このように事実婚で、婚約や内縁が成立していたといえるには、「結婚」に類似する状態や、結婚に向けた一連の手続が進んでいるかがキモになります。

婚約すると、当事者は「結婚できるだろう」という期待を抱くものです。また、そうした期待を背景に性的行為にも応じてしまうことがあります。
それにもかかわらず一方が正当な理由なしに婚約を破棄すると、破棄された側は大きな精神的苦痛を受けるでしょう。特に結婚を前提にした性的な交際もしていた場合、ショックは二重のものといえます。そこで婚約を破棄されたら相手に慰謝料を請求できる可能性があります。

他方、婚約は「法的な行為」ですので、破棄するにあたっても、慰謝料請求される恐れがあるということは、考慮に入れておきましょう。
ただし婚約破棄に「正当な理由」がある場合には慰謝料を請求できません。弁護士が交渉に入る場合は「正当な理由」があるかどうかがポイントに交渉することが多いといえます。

婚約破棄で慰謝料請求できる典型的な状況

以下のような状況であれば「正当な理由」がないといえ、慰謝料請求できる可能性が高くなりますので、不倫慰謝料請求など「婚約破棄・内縁破棄」の慰謝料に強い弁護士への法律相談をおすすめいたします。

  • 相手が浮気をした
  • 暴力を振るわれた
  • 相手が常識を逸脱する行動をとった
  • 自分や実家を侮辱された
  • 「他に好きな人ができた」といわれた
  • 「実家に反対された、家柄が釣り合わないから婚約解消したい」といわれた
  • 特に理由もなく「結婚が嫌になった」といわれた

婚約破棄の慰謝料の相場

婚約破棄の慰謝料の相場は30~300万円程度と幅があります。平均的相場は100万円に届くか届かないかということかもしれません。
しかしながら、以下のような事情があると慰謝料が高額になりやすいでしょう。

  • 婚約期間、交際期間が長い
  • 結果として他の男性との交際を妨げた
  • 破棄された側の年齢が高い
  • 破棄された側がうつ病などの精神病になった
  • 破棄された側が妊娠していた
  • 婚約を前提に退職してしまった
  • 相手の対応が不誠実

内縁関係解消で慰謝料請求できるケース

内縁関係とは、婚姻届を提出せずに夫婦別姓のまま婚姻生活を送る事実上の夫婦関係です。つまり、届出はしていないが夫婦という点がポイントです。
「事実婚」ともいわれます。最近は、「芸能人」や「有名な弁護士」カップルなども事実婚を選択されるケースが多いといえます。
婚姻届を提出していない以外は法律婚と同様の生活形態であり、法律上も多くの点で法律婚と同様の保護を受けられます。ただし、財産分与など生活保障的分与が認められにくい実態もあります。

内縁関係を不当に解消された場合、パートナーへ慰謝料請求できる可能性があります。なお、婚約や内縁ではない、ただの「パートナー契約」では、法的保護に値するものではないという判例もあります。ですから、同居の有無などもポイントになるでしょう。

内縁関係不当破棄で慰謝料が発生する典型的な状況

内縁関係を不当に破棄されたことを理由に慰謝料請求できる典型的な状況をみてみましょう。

  • 相手が不倫した
  • 相手が家を出ていった
  • 相手が生活費を払ってくれない
  • 相手から暴力を振るわれたので内縁関係を解消した
  • 相手からモラハラ行為をされたので内縁関係を解消した

内縁関係不当破棄の慰謝料相場

内縁関係を不当に破棄されたときの慰謝料相場は100~300万円程度と幅があります。
婚姻期間が長ければ慰謝料は高額になる傾向があり、だいたいの相場は以下の通りです。

  • 婚姻期間が1~3年であれば100~150万円程度
  • 婚姻期間が3年以上でれば150万円~300万円程度
  • 婚姻期間が10年以上になると300万円以上

ただし慰謝料の金額は個別事情によっても大きく異なります。
以下のような事情があると慰謝料は高額になりやすいと考えましょう。

  • 小さな子どもがいる
  • 不倫や暴力の態様が悪質
  • 破棄された側に経済力がない
  • 破棄された側がうつ病などの精神病になった
  • 破棄した側の対応が不誠実

浮気、不倫の慰謝料は浮気相手にも請求できる

婚約者や内縁の配偶者(夫や妻)が浮気して婚約や内縁関係を解消せざるを得なくなると被害者は大きな精神的苦痛を受けるので、慰謝料が発生します。
このとき、慰謝料は「パートナー(婚約者)」だけではなく「浮気相手」にも請求できます。
この点は、件数が多くないので、不倫慰謝料請求に詳しい弁護士までご相談ください。なぜなら、浮気(不貞行為)はパートナーと浮気相手が2人の共同で行う「共同不法行為」だからです。

またパートナーと浮気相手の関係は「連帯債務」となるため、慰謝料はどちらにも全額請求できます。どちらからどれだけ支払いを受けてもかまいませんし、片方ずつ請求しても双方へ同時に請求してもかまいません。
資力の高い方から主に支払いを受けるとよいでしょう。

婚約破棄、内縁関係解消の慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

婚約破棄や内縁関係解消の慰謝料請求を弁護士に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

効果的に証拠を集められる

婚約破棄や内縁関係破棄で慰謝料請求するには、相手の不法行為についての「証拠」が必要です。たとえば相手が浮気したなら浮気の証拠が必要ですし、相手から暴力やモラハラを振るわれたら暴力や暴言の証拠が必要となるでしょう。とはいえお一人では必要な証拠を集めきるのは困難です。

弁護士に相談すると、状況に応じて立証に効果的な証拠の集め方についてアドバイスを受けられます。ときには弁護士法23条照会を利用して、浮気相手の素性を明らかにできるケースもあります。慰謝料請求に必要な証拠を集めやすくなることは弁護士に相談する大きなメリットとなるでしょう。

有利に交渉を進められる

相手に慰謝料請求するときには、交渉をしなければなりません。ただ相手がすんなり支払いに応じるとは限らず、慰謝料の減額を求めてきたり、ときには「払わない」と開き直ったりすることもよくあります。
お一人で対応すると、相手の言い分に押し切られて不利な条件で和解してしまいがちですし、泣き寝入りしまう方も少なくありません。

弁護士に依頼すれば法律の専門家としての観点から正当な金額の慰謝料を請求できます。
相手が無茶を言ってきても妥協せず、有利な条件で慰謝料支払いについての和解を締結しやすくなるメリットがあるでしょう。

相手が真剣に対応する

婚約破棄や内縁関係不当破棄の慰謝料請求をしたとき、相手が真剣に対応するとは限りません。無視されるケースもよくあります。

そんなとき、弁護士が弁護士名で内容証明郵便を送ると、たいていの人は態度を変えて真剣に対応するようになるものです。その結果、慰謝料を払わせられる可能性が高まるメリットがあるでしょう。

労力と精神的ストレスがかからない

婚約破棄や内縁関係解消をされると、人は大きく傷つき「相手と関わりたくない、思い出したくない」と感じてしまいます。そんな中、自分で相手と交渉するのは大変なストレスになるでしょう。また慰謝料請求するには証拠集めなどの準備も必要ですし、相手と交渉する労力もかかります。
弁護士に依頼すれば依頼者ご自身はほとんど何もしなくてよくなるので、労力もストレスもかからなくなります。
日常生活や仕事などに集中しやすくなるメリットがあるといえます。
なお、一般的に弁護士に委任されないと友人などに相談されるわけですが、友人は割とこうしたご負担は重いもので、弁護士に相談することにより解消されるストレスがあるというのもメリットかもしれません。

相手が不誠実なときには訴訟も起こせる

婚約破棄や内縁関係解消を理由に慰謝料請求しても、相手が支払いに応じるとは限りません。金額的に合意できないケースも多く、そういったケースでは訴訟を起こして慰謝料を支払わせる必要があります。

しかし素人の方がお一人で訴訟を起こすのは困難です。訴訟を避けるため、泣く泣く不利な条件で和解してしまう方が少なくありません。

弁護士に依頼すれば交渉が決裂した時点で躊躇せずに訴訟へと進められるので、納得できない条件に妥協する必要はありません。
判決を得れば正当な金額の慰謝料支払い命令をだしてもらえますし、相手が判決に従わないときには給料などの強制執行(差し押さえ)も可能となります。

慰謝料を確実に回収したいなら、弁護士に依頼を視野にまずは弁護士に相談してください。

婚約破棄や内縁関係解消の慰謝料請求はご相談ください

当事務所はこれまで男女問題に積極的に取り組んでまいりました。婚約破棄、内縁関係の解消、不倫慰謝料請求、離婚問題に強みを発揮する法律事務所です。その背景には、「同世代の幸せ」に寄り添い、また、こどもがいる家庭ではその福祉を守るという点が私たちの理念です。
常に親身な対応を心がけており、初回のご相談料は無料とさせていただいております。法律相談を受けていただけるだけでも、「ほっとする」かもしれません。
お悩みの方がおられましたら、お気軽にご相談ください。

おひとりで悩まず
不倫慰謝料問題の弁護士にご相談ください。

052-756-3955(月曜~土曜9:00~18:00)

60分無料相談申込・お問い合わせ

ページトップへ