念書の効力

念書の効力

Q 不貞相手の夫から呼び出され、慰謝料として200万円を支払うという念書を書かされました。書かないとここから返さないなどと強く迫られ、最終的に書いてしまったのですが、支払う義務はあるのでしょうか。

A 支払い義務が生じる可能性があります。

解説

 念書を書かされた状況次第では強迫を理由に取消しをすることも考えられます。ただし、物的な証拠がない場合、強迫と認められるハードルは極めて高いです。なので立証は難しく取り消せない可能性があります。なお、公序良俗違反など内容を検討してもらうと良いかもしれません。

 不貞の慰謝料による相場は100万円から300万円程度ですから、200万円という金額は高額すぎるとまでは言えません。そのため、200万円という金額の念書を作成したことのみをもって強迫によって作成されたとは認められず支払い義務が生じてしまう可能性があります。ですから、500万円以上などは問題が生じる可能性もあります。

2019/06/24

tel.052-756-3955

無料相談のご予約

不倫慰謝料を請求したい方

不倫慰謝料を請求された方

弁護士費用

よくあるご質問

事務所・弁護士紹介

ご相談フォーム

弁護士コラム

運営会社紹介

伊原ビル4F

名古屋駅ヒラソル法律事務所

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

tel.052-756-3955

離婚サポーター

中小企業の法律サポーター

遺産分割特設サイト

ハッピーリタイヤサポーター