よくある質問

弁護士の活用方法

不倫をしてしまったり、不倫をされた場合は冷静さを失い理性的判断ができなくなりがちです

そこで、精神医学や心理学にも詳しい法律のプロである弁護士は最も不倫慰謝料問題に相応しいパートナーとなります。

 

まず、冷静さを取り戻すことができますので、本人同士で話し合いというよりも、弁護士を介入させた方がスムースに論点を整えることができます

 

不倫により離婚する場合、有責配偶者ということが強調されますが、現実には夫婦間が悪化し、その悩みを相談しているうちに不貞に至ってしまったというケースも少なくなく、有責配偶者とはいえ一方的に責められるかどうかは事案によります。

 

また、相手も離婚を求めてくることもあります。

 

こうした中では、弁護士を入れなければ、有利・不利が出てきてしまう可能性が高くなります。そこで、浮気がきっかけの場合、感情のもつれから建設的な話し合いができなくなる可能性があります。

 

そのような間に弁護士が入り、調停が成立しなかった後に、離婚協議をまとめあげたことがあるプロの弁護士が、親権や財産分与、養育費など決めなければいけないことを決めていきます。

 

浮気がきっかけの場合、弁護士からの請求ということもあります。たしかに慰謝料をとられるのみというケースもありますが、交渉に伴うストレスからは解放されますし、過去の判例の実情をベースラインに交渉してくれるので、強い味方となります。

 

浮気がきっかけの離婚トラブルで多いのは、安易な示談がその後無効になるか揉めるケースです。こうした事後的トラブルが生じるのは、「やりなおせるのか」「やりなおせないのか」前提が異なることが多いからです。まずは弁護士に依頼し、妻にも意向を確認してもらい、そののちに示談をするなどしないと、著しく低廉な示談金で不倫の泣き寝入りをしなくてはならないことがあります。

 

 

tel.052-756-3955

無料相談のご予約

不倫慰謝料を請求したい方

不倫慰謝料を請求された方

弁護士費用

よくあるご質問

事務所・弁護士紹介

ご相談フォーム

弁護士コラム

運営会社紹介

伊原ビル4F

名古屋駅ヒラソル法律事務所

〒450-0002
名古屋市中村区名駅5丁目6-18
伊原ビル4F

tel.052-756-3955

離婚サポーター

中小企業の法律サポーター

遺産分割特設サイト

ハッピーリタイヤサポーター